Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

ズボラママが【アンパンマンのパン】を1歳娘のために焼いてみた。

こんにちは、えんじゅです。

1歳の娘は、まだまだアンパンマン大好き!

そして、パンが大好き!

某メーカーのスティックパン(アンパンマンがプリントされた袋に入っているやつ)なんて、1度買ってみたら中毒?と思うくらい一日中何本も欲しがるほど。これはヤバいと思って、今はそのパンを封印しています…。

今日はそんな娘のために、自称「ズボラママ」の私が、気合いを入れてアンパンマンのパンを焼いてみることにしました。

使わせてもらったレシピはこちら↓

元気の源☆アンパンマンパン

ではでは、作っていきますよ~。

材料を揃える。

今回は、餡やクリームを入れないシンプルなパンを焼くことにしました。

用意した材料は、

  • 強力粉
  • ドライイースト
  • 牛乳
  • てんさい糖
  • バター
  • 照り出し用の卵

どれもスーパーで手軽に手に入るものばかりです。

パン生地をこねる。

手ごねにしようかどうしようか一瞬考えて、今回はニーダーに捏ねてもらうことにしました。

粉類を計量して、ポットにドバッと投入。

ざっくり混ぜます。

牛乳とお湯を合わせて人肌程度に冷めたものを注ぐ。

さらにこねる。

10分後、バターを入れてさらに5分こねる。

形をととのえて一次発酵。

生地の発酵&成形

1、5~2倍まで膨らんだら、生地を分割して丸めます。

ここで、何グラムに分割すればいいの?と疑問が出てきたので適当に生地量を計算してみました。

以下は目安ですが、分割量に迷ったら参考にしてみてください。

顔部分  60g×5個

鼻と頬部分  4g×15個

水気をかたく絞ったふきんをかけて、10~15分暖かいところでベンチタイム。

この時点で、「わたしにもさわらせろ~!!」とギャン泣きの娘の相手をしながら必死・・。

ガスを抜いて丸めなおします。

平たくなるように手のひらで生地を押さえます。

指に粉を付けて、鼻とほっぺたの部分をギューッと押して生地に穴をあけます。

今回は具なしなので、クッキングシートが見えるくらい強く押しました。

鼻とほっぺたを付けて指で押さえます。

つぶさないように注意しつつ、あとでポロンと落ちてこないようにしっかりとくっつけます

オーブンの発酵機能35℃で35分。
1.5~2倍くらいまで膨らませるのがちょうど良いと思いますが、今回はちょっと発酵しすぎました。

照り出しには、ふと思い立って卵の代わりに豆乳を刷毛で塗りました。

なので、今回は卵不使用のパンです。豆乳でもけっこうキレイなつやが出ますよ。

焼いてみる!

うちのガスオーブンは火力強めなので、少し早めの12分で取り出しました。

焼けた!!

チョコペンで目と口を描きます。

「チョコペンで遊ばせろ~!!」と泣きわめく娘を横目に、真剣に描きました!

完成!

二次発酵で膨らませすぎた?予想以上にほっぺが飛び出てこぶじいさんのようになっちゃいましたが…

娘の反応は・・・

 

「アンパン!アンパン!」と叫びながらめちゃくちゃ喜んでもらえました!!クオリティはあまり問わないらしいです(;´∀`)

≪所要時間≫

  • 計量5分
  • こね20分
  • 一次発酵50分
  • 分割・ベンチタイム20分
  • 成形5分
  • 二次発酵35分
  • 焼成12分
  • チョコペン5分

合計2時間半くらいかかったけれど、その結果はプライスレスでした!!

今日の手作りアンパンマン。大きくなったら1歳のことなんてきっと忘れちゃうんだろうけど、娘の記憶のどこかに残ってくれたら嬉しいです。

もう少し大きくなったら一緒にパン作りできるかなぁ(˘︶˘).:*♡