モロー反射で起きてしまう赤ちゃんに、アメリカ版おくるみ「スワドルミー」がオススメ!

こんにちは、えんじゅです。

赤ちゃんを子育て中のママさん、眠れていますか?

今日は、赤ちゃんがモロー反射で起きてしまって大変!というママに、私が実際試してみて良かったグッズの紹介をしたいと思います♡

これを使えば、モロー反射に悩まされることが、劇的に減りますよ!

モロー反射とは?

赤ちゃんに見られる、原始反射のひとつです。

ベッドに寝かしつけようとする時のわずかな刺激、物音、光、風などの刺激によって、赤ちゃんがびくっとして腕を上げる動作のことを言います。

 

それによって、せっかくウトウトした赤ちゃんの目が覚めてしまい大泣き・・・

というパターンは生後3か月くらいまでは、よくあること。

頻繁にモロー反射が起きると、もうぐったり・・というママさんが多いのではないでしょうか。

 

赤ちゃんがなかなか寝ない、すぐ起きてしまう・・という時、産院等でも広く用いられているおひなまきが良いようです。

ただ、おひなまきを試してみたところ、私のやり方が下手なのか、すぐに解けちゃっていたんですよね。

そんな時、アメリカ版おくるみのスワドルミーを見つけたんです。

スワドルミーとは?

 

アメリカ版おくるみのことです。

やわらかいニット生地にマジックテープが付いていて、くるんだ後にしっかり留められる仕様。

母親の胎内に近い環境を作り事により、モロー反射等による夜泣きやぐずりを抑えてくれると言われています。

スワドルミーの効果は?

 

最初の1~2回は、巻かれるのを嫌がった娘。

ネットの口コミを参考に、比較的機嫌のよい時に巻いてみたらぐずらない・・・

というより、くるまれた事によって安心した表情になり、眠る時にもモロー反射でびっくりして起きることがなくなりました!

ついでに、手がくるまれているおかげで、顔をひっかいて傷つけることも激減したんです。コツは、少しきつめ?と思うくらいの感じで巻くこと。

まとめ

生後3か月~4か月の、首がすわるまでの間、本当にスワドルミーには助けられました。

デザインのバリエーションが豊富なので、選ぶのも楽しいし、ギフトにも最適です。

唯一の難点は、真夏には暑すぎて使えないところ。

エアコンを効かせていても、ちょっとかわいそうな感じがしたので、あまりにも暑い時には使用していませんでした。

 

今となっては、ちょっと懐かしいモロー反射。

あの時期って、一生懸命すぎて体もクタクタで、記憶も曖昧なのが残念です( ノД`)…

私は使い始めるのが少し遅くて、もう少し早めにスワドルミーの存在を知っていればよかった!と今でも後悔しています。

是非、スワドルミーを使って、モロー反射による育児ストレスをやわらげてみてください♡