Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

破水から出産までの記録。

私のお産は、破水から始まりました。

 

出産予定日2週間前の妊婦健診で、「まだまだ生まれてきそうにないね~」と言われ、しかも「羊水が少なくなっている」と言われ、ほぼ順調だった妊婦生活に暗雲が立ちこめた翌朝、

 

早朝トイレに行ったら、まさかの破水((;゚Д゚))    

 

何の根拠もないんですが、自分のお産は陣痛から始まるものと思い込んでいたので、この時点でシミュレーションしていた予定がガタガタと音を立てて崩れました。それでも慌てず騒がず(でも、すでに顔面蒼白)、病院に電話したら

「なるべく動かず、ナプキンを当てて。車でも、バスタオルをあてて座らず横になって来て!」とのこと。

 

大量の羊水が流れる様子にガクガクの私。

親が送ってくれて、病院に着いたら即ベッド。
尿管を取り付け(痛かった・・。)、なにやらすごい硬い吸収体が入っているおむつのようなものを履かせてもらって(これも長時間付けてると床ずれみたいに痛かった・・。)さらに点滴・・。お産というより、もう病人状態

 

この状態で、出産まで動かずじっと待つことに。

 

こんな状態でも朝食が運ばれてきます・・・が、上体を起こすこともできないので、ほとんど食べられませんよヽ(´Д`)ノオーイ 。妊娠中の体重管理をがんばっていたから、出産直前にごほうびスイーツを・・・等と考えていた件は儚くも散りました。

 

ちなみに、夕方頃まではほとんど痛みがなく、遠方の自宅から駆けつけてくれた主人とも普通に笑って会話できるくらい。夜になって痛さが増し、真夜中にはかなりの痛み。良い陣痛につながってくれればよかったですが、それでも子宮口は1~2cmしか開かず明け方、陣痛はすっかり遠のいていきました。

 

途中、他のLDRからもお産で苦しんでいたママ達の叫び声が聞こえてきましたが、そのママ達は先に出産を終えた様子・・。

 

朝、交代で来た助産師さんが「陣痛促進剤使う?」と聞いてきたので、迷いつつも、このまま陣痛が来なかったら破水からだいぶ時間が経ってるし危険かもと考えて、陣痛促進剤をお願いすることにしました。

 

良い陣痛を自分で起こせなかったことに罪悪感を抱きつつ、点滴で促進剤を投与された後

 

本物の陣痛、キター!!( ; ロ)゚

 

のっけから、1~2分間隔の陣痛が来たので、もう阿鼻叫喚!!

とにかく痛い!!想像していた痛みとは全然違う。下痢の何十倍とか、腰の痛みとか全然なし。子宮に金づちで釘を打たれる感じ!!!もはや拷問。もう殺してくださいレベル。

 

なのに、スパルタ助産師さんが、「声出すなんてみっともない。」的なことを言うので(痛みで朦朧としているので発言すらうろ覚え。)こんな痛みで声出さずにいられるか~~!と心の中で叫びながらも、以降、声を出さずに頑張りました。あとから考えたら、声を出すと体力を消耗するし子宮口も開きにくくなるから、そうさせないようにのアドバイスだったんですよね。あの時の助産師さん、ありがとうございます。

 

そんなこんなで、お昼から4~5時間近く陣痛に耐え、そろそろお産という時になって、LDRのベッドが出産仕様に。今までは助産師さんだけだったのが、看護師さん二人と先生も登場。

 

もう、辛くて辛くて、でも・・・

「絶対に、赤ちゃんに会うんだ!!」

 

と、心の中で何回も叫びながらりきむ私。

 

いよいよ!という時に、先生の手に大きなハサミが・・。
噂の会陰切開でしたが、切られたかどうかもわからなかったです。なにしろ陣痛がすごすぎて、正直、切開でもなんでも早くお願い!!という感じ。

 

その後、うろ覚えだけど、先生から取り上げてもらった娘を見て、本当に本当にホッとしました。

そして、戦場から現実に戻り、娘に添い乳。

 

初めて会う娘は、小さくて可愛くて、頼るような眼で私をじっと見つめていました。

 

ちなみに、母子手帳に記載された分娩時間は33時間でした。

娘よ、長い時間苦しませてごめんね~。

 

でも、無事に生まれてきてくれて、本当にありがとう。

 

なんとも言えない不思議な感覚。

 

周りで支えてくれた人たちに感謝でいっぱいで、

 

人生で、一番感動した一日でした。