母乳が出ない!原因は?色々な対策を試してみて、効果があった3つの方法。

初めての育児。

最初にぶち当たった壁は、「母乳」のことでした。

↓前回の記事でも触れていますが、完母にならず、混合育児をしてきました。1歳4ヶ月でミルクは卒業。おっぱいは精神安定剤代わり?なのか、継続中です。

http://nico-family.com/afterbirth/

完母にならなかった原因?

私が出産した病院は、生後3日目から母子同室というスタイルでした。これが、完全母乳にならなかった理由のひとつかなと思います。

母乳の度に新生児室に行くこともなく、母体の休息が重要視されるため、初乳以降は、生後3日目まで看護師さんが粉ミルクを与えてくれることになります。

授乳指導も1度きり(10分くらい)で、ミルクどんどん足してね~という感じ。いわゆる、ミルク推進の産院でした。

母乳を出すのに、最初の1週間は特に重要みたいなので、母乳に強いこだわりを持っているなら産院選びは慎重にしたほうが良いかもしれません。

ちなみに私は、かなり体力がなくて、出産直後から母子同室は、今考えても厳しかったと思うので、生後二日目まで新生児室で面倒を見てもらえたのはありがたかったです。ただ、次に産むとしたら、別室でも、3時間ごとに授乳しに行くスタイルの産院を選ぶかなぁ。

(ちなみに、私の友達二人も同じ産院で出産して、1人は完全ミルク。でも、もう1人は完母だったので個人差もあるかなと思います。)

 

他にも、もともと冷え性だったのが、もうひとつの原因だったと思います。

30歳を過ぎた頃から、冬になると、とにかく足が氷のように冷たく、お腹もひんやりしていたり。

妊娠中、1日一時間のウォーキングと、15分のマタニティビクスを続け、温かい格好をしていましたが、頑固な冷えが、なかなか治らなかったんです。

母乳のために試したこと

生後100日までは、母乳を出すために、色んなことを試してみました。

それこそ、ネットで調べられることは全部やったのですが、効果があった方法だけ、記録として残しておこうと思います。

ちなみに、母乳がほとんど出なかった出産直後から、ほぼ完全母乳(1日1回ミルク)にまでなった時期もありました。なので、とてもオススメの対策です。

1、蒸しタオルを当てる

産婦人科で看護師として働いていた叔母が教えてくれた方法です。

水に濡らしたタオルを絞って、レンジで1分温めます。(熱々!なので注意)

出来上がった蒸しタオルを胸に当てたままマッサージすると、短時間ですが、分泌が良くなります。授乳直前に行うのがオススメです。

2、筑前煮

根菜類をたくさん食べると良い、というのは本当だと思います。うちでは、多めに作って冷凍保存したものを毎日少しずつ食べていました。

健康にも良いし、白米に味噌汁、筑前煮の献立はオススメです。

3、amomaミルクアップブレンド

色々試した中で、これが一番効果がありました。

たかがハーブティーと思って、最初は期待していなかったんです。

それが、飲み始めて3日目くらいから、一瞬でも母乳パッドを付け忘れると服がびしょ濡れ状態に…。夏でしたが、温かいハーブティーを1日4~5杯飲んでいました。飲むと体がポカポカしてきます。

【初回半額】AMOMAミルクアップブレンド

あんまりおいしいお茶じゃないですが(笑)、まずいっ、ということもないです。

普通のお茶でも大丈夫では?と思って、飲まなくなった途端、母乳量が減った(赤ちゃんのゴクゴク飲む音が聞こえなくなった)ので、それ以降は定期的に購入していました。最初から定期便にしてたら、少しお得だったかな、と思いますが、定期便も本当に良いと思えて納得できないと決心しづらいんですよね。

あと、同梱されてきた小冊子の情報がけっこうタメになったかな。できれば、妊娠中に読みたかったです。

まとめ

こうして振り返ってみると、
母乳の出が悪い最大の原因は冷えにあったのでは??という気がします。

なので、妊娠中から、体を芯から温める=血行を良くするというのが大切かもしれませんね。