Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

【妊娠中・生理時の口臭】女性ならではの悩みの原因と実際に試して効いた対策について。

こんにちは、PMS(月経前症候群)で眠気・イライラ全開のえんじゅです。

ところでみなさん、普段は口臭がしないのに、

・妊娠中で口臭が気になる。

・生理前から生理時にかけて口臭が気になる。

なんて経験はありませんか?

それって、もしかしたら女性ホルモンのしわざかもしれませんよ。

今回は、その原因から実際に効果がある対処方法まで含めてお話したいと思います。

さぁ今から、口臭の悩みをシャットアウトしていきましょう!

妊娠中・生理時の口臭の原因とは?

妊娠中と生理前~生理中の口臭の原因には女性ホルモンが関わっています。

そのホルモンの働きには両者で違いがありますが、どちらも唾液の分泌量が少なくなることが大きな原因となります。

唾液には口の中の菌を洗い流してくれる抗菌作用があるのですが、女性ホルモンのバランスが変化することによってお口の中が乾燥して(ドライマウス)、菌が繁殖しやすくなってしまうんですね。

ちなみに、妊娠中は女性ホルモンの増加により歯周病菌が増えやすくなります。進行した歯周病による口臭の場合、歯医者さんで診てもらうことも大切です。

どうしたら臭わなくなる?

唾液の量が少なくなって口臭が出てきてしまう、というところまではわかりました。

では、悩みの口臭をどのようにすれば解決できるでしょうか?

今日からできる簡単なケアから、私えんじゅが試してみて絶大な効果を感じた方法まで余すところなくご紹介していきますね♡

ガムを噛む

唾液の量を増やす直接的な方法です。


手軽にスーパーやコンビニで購入できるキシリトール入りのガムも良いと思いますが、それだと糖分が入っているんですよね。

妊娠中などの口腔内にトラブルを抱えやすい時期には、インターネットや歯医者さんで購入できる歯科専用のキシリトール100%のガムがイチバンおすすめです。

念入りなデンタルケア

つわりがあったり、PMSでしんどい時には難しいかもしれませんが、

1日1回で良いので徹底的にデンタルケアを行い、3か月に1度くらい定期的に歯医者さんで歯周病チェック&クリーニングを受けるのが効果的です。


・・・と言うのも、ブラッシング&フロスをいくら念入りに行っても除去できるプラークは7割と言われています。

今まで歯についてトラブルがなかったという女性でも、妊娠中は特に虫歯や歯周病・親知らずの炎症になりやすい時なのでホームケアとプロのケアが欠かせません。

舌専用ブラシで、やわらかく舌苔を取ってあげるのも効果がありますよ。

口臭を防いでくれる食べ物

ガムやタブレットでは表面的な効果しか得られない・・。

そんな時には、口臭を防いでくれる食べ物を意識的に摂取して、体の中からケアしていきます。


口臭を防いでくれる食べ物としてオススメなのは、

・りんごやパイナップル・キウイ

・パセリ、小松菜、ほうれん草など緑の野菜

・プレーンヨーグルト

・レモンや梅干し

・緑茶

これらの食材を積極的に摂っていくだけでもずいぶん違いますよ。

そして、即効で一時的にでも口臭を撃退したい時にオススメしたいのが

口臭は臭いのもと「硫化水素」が揮発して発生するのですが、常温下でないとそもそも揮発しないので氷で口腔内の温度を下げるというわけです。

氷を食べるだけで、一時的に口臭がかなり軽減されるので試してみて下さいね。

乳酸菌を摂取する

実は、菌というのは「ヒトの口腔内と腸内に集中」するんです。

通常、700種類以上の細菌が口腔内でフローラを形成して全身のバランスを保っているわけですが、そのバランスが崩れると虫歯や歯周病・口臭などのトラブルが起きてしまいます。

ここで、体内に存在する善玉菌と悪玉菌のバランスをコントロールする世界最先端の予防医療技術として注目されているのがプロバイオティクス。

ロイテリ菌は、まさにそのプロバイオティクスの特性を備えた菌で、口腔内のトラブルを予防・改善してくれるものとして最近話題になっています。

乳酸菌の名前としては聞き慣れないものですが、ロイテリ菌タブレット販売で有名なのはバイオガイア社、そして新たに進出してきた企業にオハヨー乳業などがあります。

ネットの口コミでは主に、

・タブレットを摂取し始めてから、起床時の口のねばつきがなくなった。

・歯周病が改善した。

・口臭が減ってきた。

などの声がありますね。

ロイテリ菌を1か月摂取し続けると、歯周病症状のある箇所が47パーセントも減少したというデータもあるくらいなんですよ。

(参照:オハヨー ロイテリ菌まるわかりブック)

効果があった方法は?

私がいちばん効果を実感できたのはロイテリ菌でした。

10日~2週間ほど続けて摂取したところ、起床時の口のねばつき・口臭が激減したんです。

テレビ番組でも、乳酸菌について詳しい女性医師がその効果について語っていたように、数ある乳酸菌の中で今一番話題になっている菌なんです。

今回は触れませんでしたが、歯周病や口臭以外の効能も伝えられています。

ただ、睡眠不足だとやっぱりダメですね。

娘の夜泣きなどで眠れなかった日の翌朝は、ロイテリ菌を摂取していてもお口の中がネバネバしてしまいます(>_<)

ただ、あまり気にしすぎるのも良くないと思い、睡眠時間がとれなかった時には「こんな日もあるさ」と気軽にかまえるようにしています。

口臭は体からのサインなんだなと思って、かしこく対処していきたいですね。