Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

おっぱいに執着していた2歳の娘が、驚くほどあっけなく卒乳した話。

こんにちは、えんじゅです。

いつ終わるかどうか悩んでいた娘のおっぱいへの執着ですが、びっくりするくらいあっけなく卒乳できたので、今日はその話をしたいと思います。

卒乳に至るまで

出生後からずっと混合育児でしたが、1歳4か月くらいの時にミルクは卒業していました。

この流れで断乳しようと夜間断乳に成功しましたが、その後数日で夜泣きがひどい日が続いてあっさり夜間授乳も解禁。

だんだん、家にいる時はずっとおっぱいという異常な状態になってしまい、拒否するとギャン泣きで要求し続けるようになってしまいました。

唯一の希望は、1歳9か月頃から「2歳になったらおっぱいバイバイしようね」と毎日繰り返し聞かせていたこと。

「ダメダメ」という時もあったけれど、「おっぱいバイバイ」と言う時もあったので、これはもしかしてうまくいくかも??と期待していたのですが、結局誕生日を過ぎてもおっぱいへの執着は変わりませんでした。

それどころか、2歳になった直後くらいからおっぱいを吸う力が以前にも増して強烈になり、卒乳前の時期は、これじゃダメだ、痛みとストレスで体が持たない・・という状況になっていったんです。

卒乳できた方法

断乳の方法は、「○○日におっぱいバイバイね」とか、「おっぱいにアンパンマンを描く」とか桶谷式の方法が効果あるみたいよ、というママ友たちの話をよく聞いていましたが、

カレンダーでバイバイする日を伝える方法は娘にはあまりピンと来てないのかも、という印象を持っていました。

それで、ある日こどもちゃれんじの絵本を娘と一緒に読んでいて思ったんです。

どういう内容かと言うと、しまじろうのママがテーブルの角に足をぶつけてケガをしてしまい、しまじろうが「ママ、大丈夫?」と言って絆創膏を貼ってあげるシーンでした。

「ママがおっぱい痛い痛い」って言えば、もしかして娘は卒乳できるかも・・・と、ぼんやりだけど頭の片隅で考えていました。

1日目

何の計画も立てていなかったけれど、朝になって、「もう本当に吸われるのがイヤ・・。」という気持ちになってしまったので、なんとなく絆創膏を乳首に貼ってみました。しまじろうママと一緒です(笑)

2歳になる前からおしゃべりもどんどん上達してきたし、もう痛いんだよ~!というママの気持ちがわかってもらえる年齢になったかなと思ったんです。

で、いつも通り「おっぱ~い」と来たので、絆創膏を貼ったおっぱいを見せて「ママ、おっぱい痛い痛いなんだよ。」と言ったら

娘「・・・・・。」

すこし真面目な顔をして考えていたものの、その後すぐに「痛い?痛い?大丈夫?」と聞いてきておっぱいを吸おうとはせず、指しゃぶりをして口さみしさを紛らわせていました。

こんなに簡単にあきらめるなら、これはいけるかも!?

と思ったのは、その時です。

その日は、上記の行動を「おっぱ~い」と来るたびに繰り返していたら、なんと夜も添い乳なしで寝ました。

夜になると胸が張って痛かったので、すこし絞りました。

2日目

授乳していないので、朝から胸がパンパン。

またまた少し絞って、絆創膏を貼ってスタンバイしました。

2日目もただひたすら、絆創膏をみせて「ママ、痛い痛いになっちゃったの」と繰り返すだけです。

おっぱい!!と泣き叫ぶことがなくて、こっちが「本当にこんなにあっけなく執着が消えるの??」と疑っている状況でした。

3日目

おっぱいはたまに張るけど、それほど痛くはなくなってきました。

おっぱいはやめた代わりに、「抱っこ」「おんぶ」の要求が増えてきたような気が。

やっぱり寂しい気持ちはあるんでしょうね。

4日目

もう絆創膏を貼らなくても大丈夫になりました。

時々、おだやかな表情で「おっぱ~い」と言いますが、泣いたりはしません。

5日目

ママ友とランチや遊びで一日を過ごした日。

授乳しておとなしくさせるor寝かせる(笑)という手段がもう使えなくなったので、お店の中ではゆっくり食事はできず、動き回る娘を追いかけまわる結果になりました。

ただ、公共の場所で「おっぱ~い!!」と泣き叫ばれる不安がなくなったのは良かったです。

まだおっぱいは出ますが、まったく痛みは感じません。

卒乳後の感想

今回の娘の卒乳は、絆創膏を貼った時点で「断乳」なのかもしれませんが、

・あまりにもすんなり娘が受け入れてくれた。

・2歳0か月という月齢

諸々を考えると、わたしとしては卒乳という言葉がしっくり来る気がします。

2歳の誕生日を過ぎても卒乳できなかった時、

このままだと3歳あたりまで吸い続けるんじゃ・・・と思っていたし、もし無理やり断乳するとすれば、激しく泣いて夜も眠れず辛いことになるんだろうな~と悲観していましたが、フタを開けてみたら全然そんなことはなくて拍子抜けしてしまったというのが本当のところです。

体もほとんど辛くなかったし、思えばかなりラッキーだったのかもしれません。

 

ただ、

2年間毎日続けた授乳が終わってしまった・・というのは想像以上に悲しかったです。

う~ん、正確に言えば、悲しいというより心にぽっかり穴が開いて寂しいという感覚に近いかな。

 

これも娘の成長の一歩なので、本当はお祝いしたいところなんですけどね。

ママの気持ちは複雑です(^^;)