Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

【女性必見!】入院中にあると便利な持ち物まとめ

 

こんにちは。

つい先日まで10日間の入院をしていたえんじゅです。

 

実は私、

出産以外で入院を経験したことが今までありませんでした。

 

大部屋も初めてで、

手術後の体調についても想像がつかない状況の中、入院する際の持ち物を準備していた訳ですが、10日間過ごしてみて、

あ、これがあって便利だったな。

というものが色々あったので、今回は、入院時にあると便利なものをリストにしてまとめてみたいと思います。

 

今度入院する、という方の参考になりますように。

入院中、これがあると便利!

 

どんな症状での入院かにもよりますが、安静を指示されてあまり動けない時には、ベッド上だけで一日を過ごさなきゃいけませんでした。

自由に身動きできない時に、これから紹介するグッズが役に立ちますよ♡

 

割りばし、使い捨てスプーン、ペーパータオル

 

自力で洗面台まで洗いに行けない時は、使い捨ての箸やスプーンが役立ちます。

洗いに行けるようになったら、洗い終わったお箸やスプーンをペーパータオルで拭くと衛生的でスッキリ。

 

ウェットティッシュ

 

アルコールフリーのウェットティッシュは手や口まわりを拭いたり、除菌できるウェットティッシュはテーブルを拭いたりしていました。

ただ、2種類持って行く必要はあまりなかったかな。

ノンアルコールのウェットティッシュもしくは赤ちゃんのおしりふきが1パックあれば十分だと思います。

 

100均のかご

 

100均一で売られているプラスチックBOXに、入院中処方されるお薬や、頻繁に使うもの(ウェットティッシュや箸、リップクリームなどを入れておけばスッキリ整頓できます。

こんな感じのかご↓

ちなみに、S字フックを付けて、タオル掛けにつり下げると便利という情報をネットで多く見かけて準備しましたが、結局使いませんでした。

意外と、テレビ台のタオル掛けまで手をのばすのって動けない時は大変なんですよね。

私は、ベッド上のテーブルにのせておくほうが使い勝手が良かったです。

 

ストローキャップ

 

これは、術後の動けない時に便利です。

枕元に置いておいてもらえれば、看護師さんに飲ませてもらわなくても、好きな時に自分で水が飲めます

ただ、ペットボトルによって、サイズが合わない時もあるのが難点・・・。

 

手鏡

 

各部屋に洗面台はあるのですが、入院中は動けない時もあったりするので、あると便利です。

 

きんちゃく袋

 

これは、

ベッドで点滴、酸素マスク、カテーテル、心電図を付けた状態で身動きできない時に枕元に必要最低限の小物を入れておいたり、

点滴を付けて病院内のコンビニに行く時などにお財布やスマホを入れて、点滴スタンド?に袋をつり下げて移動したり、

お風呂に入れるようになった時にシャンプーその他こまごまとしたものを入れたりするのに便利でした。

 

オールインワンジェル

 

入院中、少しでも華やかな気持ちになりたくて、ちょっと高価なスキンケア用品のトライアルセットを持って行きましたが、

結局、化粧水・乳液・美容液などをつける手間がわずらわしくて、オールインワンジェルを頼んで買ってきてもらいました。

ちなみに、自宅で普段使っているこの商品です↓

 

LDKオールインワンジェル部門1位☆素肌しずくについての記事はコチラです↓

【LDKベストバイ】素肌しずくオールインワンゲルを1年間リピし続けている理由と口コミまとめ

この素肌しずく、真夏はちょっとべたつくんですが、乾燥するシーズンにはかなりの威力を発揮します。

 

乾燥する病室内でも、塗りこむだけでモチモチ肌になって大助かりでした。

シャンプーリンスなども、トラベルセットを買ったけれど髪がギシギシしてしまい・・、

普段使っているものを100均の容器に詰め替えて持って行ったほうが良かったな。やはり慣れてるものが安心できます。

 

スマホ、タブレット、モバイルバッテリー、ポケットwifi

 

これはもう、「あると便利なもの」というより、ないとダメなレベルです(笑)

パソコンは持ち込み禁止だったので持って行きませんでしたが、重さやサイズなど、使い勝手という面でも、入院中はスマホとタブレットが最強です。

 

モバイルバッテリーは、ベッドから1歩も動いちゃいけない術後用に枕元に置いておきました。

充電したい時、コンセント差込口すら、ベッドから起き上がらないと届かないので。

 

商品にもよりますが、大容量のものを選ぶと3回くらいiphoneを充電できて便利です。

 

私はこれを買いました↓

軽量だし、2000円くらいとコスパも良いです。

 

それから、ポケットwifiですね。

入院中はスマホを使用する時間も多いと思ったので、

2週間で15GB使えるものをレンタルしました。

送料や保障プラン料金などを含めて合計5000円くらいだったかな。

 

動画をたくさん観る人なら、容量無制限プランのものを選んだほうが良いです。

 

ちなみに、屋内ではwiMAXよりLTE回線が良いと事前に調べていたので、LTEの機種を選びましたが、10日間ずっと快適なモバイル生活ができましたよ。

 

ホッカイロ、靴下、カーディガンやパーカー

 

病棟内は、過ごしやすい気温に設定されてるから心配ないだろう・・・と思っていたら、けっこう寒かったり暑かったりしたことがありました。

免疫が下がっていて、自分自身、普段と気温の感じ方が違ったり、

または、大部屋でちょうどよい室温なのに「暑い暑い」と言う人がエアコンの設定温度を変えて、他のみんなが寒い寒いと言い始めることも、時々あります(>_<)

 

暑さは困る程じゃないんですが、寒さは辛かったので、腰にホッカイロを貼り、足元は靴下を履いて温めました。

ちなみに、カーディガンやパーカーを持って行く時には、パジャマの上に着るのでゆったりめしたサイズのものを選んだほうが良いかもしれません。

 

マスク

 

病室内の乾燥で、喉が痛くなる時がありました。

他の患者さんも同じことを言っていたので、夜眠る時だけでもマスクをかけて眠るとのどの調子が良かったです。

 

ハンガー

 

各ベッドにひとつ棚がありますが、ハンガーがあったりなかったりと様々なので、事前に2~3本用意しておいたほうが良いかも。

タオルをかけたり、入退院時の普段着を掛けていました。

 

ふりかけ

 

これがないと白米を食べきれませんでした。

病院内の売店で買うことができるけど、前もって準備できるなら、ごはんがとびきりおいしくなるふりかけを選んでみてください。

ごはん時の幸せ度がUPします。

ご存知、マツコ・デラックスさんが、自身の番組「マツコの知らない世界」で絶賛していたふりかけがコチラの生ふりかけ↓

 

話は横にそれますが、

私、今まで生きてきた中で、これより美味しいふりかけに出会ったことがありません(≧▽≦)

イカや昆布、オキアミ、ゴマの風味が口の中で見事に調和します!

本当に本当にオススメのふりかけなので、入院していなくても是非試してみて下さい(笑)

保存は冷蔵庫で。

全国ふりかけグランプリでも金賞を受賞している実力派です。

 

イヤフォン、耳栓

 

私は、耳の手術で入院したため使いませんでしたが(テレビは字幕だけで観てました)、それ以外の人は絶対に持って行ったほうが良いです。

大部屋では、スマホやタブレット・テレビの音は、夜に限らず一日中イヤフォンを付けて聴かなきゃいけないし、

大部屋でのいびきや物音などで眠れなくなる方は耳栓を持って行くとある程度ストレスがやわらぐと思います。

amazon1位の耳栓がこれ↓

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、「病院から持ってくるように指示された持ち物以外のもの」を載せてみました。

それぞれの病院で、パジャマ、履物、コップの形や素材など規定がある場合が多いので、入院前に説明を受けてから持ち物を準備すると良いと思います。

 

不安や痛み、眠れない等・・・、

決して楽ではない日々ですが、それをサポートしてくれるグッズを使って、少しでも快適な入院生活が送ってくださいね。