Amazonでバレンタインギフトを探そう<<

出産入院前に準備していなくて後悔したのは、授乳に便利なあのアイテム!

こんにちは、えんじゅです。

初めてのお産って、色んなことが不安で、出産入院準備品リストを見ながら入念に荷物をまとめたりしますよね。

これもあったら便利だなとか、あれは必要なさそうだけど、でも念のため持っていこうとか、私も結構悩みました。

その中で、これは要らないな・・と思ってしまったのが授乳クッション

これが、産後唯一の誤算でした。これから出産を控えている方必見です!

授乳クッションとは?

赤ちゃんに授乳をする時に、あると便利なクッション。

これを太ももの上にのせて使うと赤ちゃんを胸の高さまで寄せられるので、ママの腕や背中に負担がかかりません。

授乳クッションは必要?

これは、絶対に必要です!!!

産院で準備しているところも多いようですが、私が出産した産院にはありませんでした。

なので、産後の授乳指導では、「枕で高さを調節して」と言われましたが、首もすわっていない生まれたばかりの赤ちゃんに慣れない授乳。

前屈みになって背中も肩も痛くなるし、腕にも負担がかかって授乳時間がストレスになってしまいました。

でもそういうものなのかな?慣れていないからかもと思いながら、退院後は、出産前に購入しておいた、やわらかい抱き枕兼授乳クッションを使っていましたが、それでも大変さは同じでした。

それはなぜだったのか?

近くにある桶谷母乳相談室に行った時、その答えがわかりました。

本当に使える授乳クッションの選び方

桶谷母乳相談室においてある授乳クッションを使わせてもらった時、「えー!何これ、すごい楽チンだ~。」とびっくりしました。

それくらい、家にある抱き枕兼授乳クッションとは使い心地が違ったんです。

帰宅後、すぐに桶谷式の授乳クッションを注文したのは言うまでもありません。

オススメしたい授乳クッション

・厚みがある
・硬さがあってしっかりとしている。
体重をかけて沈み込む素材は良くない。
・抱き枕と兼用じゃないほうが良い。

まとめ

産後すぐは、特に体力も消耗しているので、使いやすい授乳クッションを持っているだけでかなり助かると思います。

また、正しい姿勢で授乳を行わないと体のあちこちにガタが来ます

桶谷母乳相談室でも、その後お世話になった整体の先生も、授乳時の姿勢の重要性を説いていたので、姿勢は本当に大事ですよ。

もし、産院が授乳指導にあまり力を入れていないところだった場合は、桶谷等、授乳指導をしてくれるところに行ってみるのも良いと思います。

それと、入院予定の産院に授乳クッションの用意がない場合には、多少荷物にはなっても、是非持参されることをオススメします。